オーストラリア留学専門KALEIDO留学サービス

オーストラリア留学の事なら「KALEIDO留学サービス」にお任せ下さい。
オーストラリア政府認定留学カウンセラーによる「自分で創る留学」を徹底支援。
手配料無料&サポート代金は満足度次第で評価できる、留学業界初の評価型留学手配サービス。
留学手配歴20年以上の知識と実績で納得留学を提供するオーストラリア留学専門の留学手配会社です。



OET合格者のその後topics

OET試験対策に旅立った医師の方たち・・・。
その背景やOET合格を目指すまでの経緯などを特別に聞かせて頂きました。
OETに挑まれる方にとっては貴重な情報となるかと思います。

安田先生 (消化器外科)から届いた手記

もっと多くの日本人医師が海外に出て行くことを願っています。

こちらゴールドコーストにも過去数年間に数名の日本人医師がやって来て、AMC,OET合格を目指しています。
残念ながら日本に戻る事を選ばれた先生もいます。その中の殆どが、オーストラリアの良い環境の中で伸び伸びと子育てをして、日本と同じレヴェルの生活をしたいとの思いで来られた方です。帰国した理由に、医師となっても日本ほどの収入をすぐに得られる可能性が少ない事。仮に試験をパスしても意図する科目に就職が困難な事。などが挙げられます。実際、私が経験したところでは、AMC part1をパスして、OETをパスして実際仕事を始めれば、レジデントとしてのローテーションを課せられます(full registration取得のため)。給料も決して良くはなく、国内でのアルバイトも出来ないので、家族を持つものとしては辛い所もありますが、私は、貯金の切り崩しとともに短期で日本に戻ってアルバイトをして補いました。日々の診療は気が抜けず緊張しっぱなしですがそれは日本と同じかと思います。その中でも地道に真面目にやっていれば可能性が広がると思ってやっています。

昨今、外国人医師のポジションが減って居るとの話も聞きますが(VISAの改定の影響?)、実際は未だ多くの外国人医師に頼って居ることも事実です。私は、タスマニアで2年、ブリスベン1年を経て現在ゴールドコースト3年目に入りましたが、就職に関しては多くの方法があります。臨床リサーチでオーストラリアに入り、その間にボスとのコネクションを作るであるとか、CVを希望する施設に送るなど多岐に渡ります。これに関してはケースバイケースで一概にどれが良いのかというのは判りませんが、医師の個人的な背景も関与してくるのではないでしょうか。

英語試験に関しては、これも様々でいろいろなアプローチがありますが、私は独学はあまりお勧めしません。各、英語試験の準備コースに通うのも良いかと思います。やはり、試験ですので色々なテクニックを教えてくれます。AMC part1はご存知の通り、二冊の参考書(AMCから出版)で、問題なくパスできると思います。Part2は近年合格率が非常に低い様ですが、こればかりは時間をかけて勉強するか、part2に変わるWBAを実施してる施設の雇用を勝ち取るのも選択肢の一つかも知れません。

海外での医師登録を考えているのであれば、日本にいる間から英語、AMCを受験するのも一考かと思いますし、貯金はあるに越した事はないかと思います。また、結婚出産などのライフイベントも時期を見て考慮した方がいいかと思います。

色々な困難もあり、時間もかかりますが、一度軌道に乗ればなかなかよい医師ライフが送れる様になるかと思います。

2018年3月

医師の臨床留学
OET試験対策
OET合格者のその後(小川先生)
OET合格者のその後(安田先生)
英語+看護プログラム
留学ステップ(語学留学)


留学相談お問い合わせ


安心してご利用頂ける信頼の証


オーストラリア政府教育情報センター
EATC認定留学カウンセラー D024

NPO法人留学協会
RCA海外留学アドバイザー 
資格認定番号 52003

海外留学保険

AIG損害保険株式会社
のサイトにジャンプします

オーストラリアの携帯電話

携帯電話のニッテル

留学・ワーキングホリデー応援

エストレリータ

SITE MAP